FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日記というのは・・・

「死化粧師」モデルが語るエンバーミング 根本は相手を知ること http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150119-00000080-spnannex-ent

 葬儀前の遺体に防腐や殺菌、修復処置を施す「エンバーミング」という職業がある。土葬文化の欧米では一般的だが、日本でもこの20年で徐々に普及してきた。事故や病気で傷んだ体を生前の元気な姿に近づけ、遺族の悲しみを和らげる「エンバーマー」に密着した。 東京都板橋区の斎場にある「エンバーミングルーム」。アルミ製の寝台に、50代男性の遺体が横たわっていた。闘病生活が長かったのだろうか。くぼんだ頬、痩せこけた体。肌は緑色に見えた。 エンバーマー橋爪謙一郎(47)は遺体の前に立つと、目を閉じて手を合わせた。 まずは、遺体の腐敗と細菌の繁殖を防ぐ。服を脱がせて全身を洗浄し、殺菌スプレーで消毒。腐敗の元となる血液を排出し、防腐や殺菌効果のある薬液を注入する。調合次第では腐敗を1カ月以上防げる。 鎖骨付近をメスで約2センチ切り、血管にチューブを接続。大きなポンプのスイッチを入れた。室内にホルマリンなどの強い刺激臭が広がる。換気扇が回ってはいるが、涙が出そうだ。 死後の体に起きる変化は人それぞれで、処置も違う。肌が緑色なのは、黄疸(おうだん)を起こす黄色い色素が酸化、変色したためだという。橋爪は緑の色素を洗い流す薬液を調合した。薬液は赤系の色が多い。全身に回ると、肌は中から赤くなり、血色を取り戻したように見えた。 「エンバーミングは医学の初歩を知らないとできない」という。事故や病気で欠損した体の一部を、蜜蝋(みつろう)というワックスで修復することもある。 遺体は穏やかな表情で眠っていた。死後硬直した顔の筋肉をほぐし、半開きだった目を閉じたからでもある。「棺の中の顔は、残された者の心に一生残る。苦しそうな顔で良い別れはできない」と話した。 橋爪は実家が葬儀社だったこともあり、この道を選んだ。遺族がきちんと故人とお別れできているか気になっていたといい、90年代に米国に留学し、エンバーミングを学んだ。日本のパイオニア的存在で、07年にテレビ東京でドラマ化された漫画「死化粧師」では主人公のモデルになった。 実は学生時代、新聞記者志望だったという。主な新聞社は「全部受けた」。筆記試験をパスし、何社かの面接を順調に進んだ。「社長面接で“従軍記者になりたい”と言ったのが良くなかったらしい。現場はそういう人間がほしい、と言ってくれたが」と苦笑いした。 根本にあるのは、自分の目で見て、耳で聞かなければ納得しない姿勢。エンバーマーとなった今も、それは変わらない。 多くの場合、施術前に故人の写真が渡される。だが「故人の顔は、写真だけで伝わらない。遺族が覚えておきたい“いい表情”は、雑談している時だったりする。カメラを向けられて、そんな顔はできない」という。 施術後、自宅や斎場で葬儀を待つ遺体を再び訪れることにしている。肌を自然に見せるベースメークは済ませてあるが、専門スタッフと一緒に、化粧直しするのだ。その際、故人の人柄を遺族に聞く。「優しい人だった」「威厳があった」「あの時あんな事があった」。聞き出した“顔”に近づけていく。 思い出深い“失敗”がある。ある遺族の話から、色白に化粧直しした例だ。その後、「故人は地黒だった」という話になり、直した。遺族の思い浮かべる故人は1つではない。化粧直しの間、ほぼ例外なく思い出話に花が咲く。出来上がった顔を見ると、遺族の表情も穏やかになるという。 「どんな仕事も取材がなければ成り立たない」と強調。会話を重ね、相手を知ることなしに満足な仕事はできない。それは物言わぬ故人が相手でも同じなのだ。 =敬称略=



"

節分はなぜ豆をまくの?余った豆はどうする? http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150119-00182064-jspa-life

 正しく知って、楽しもう。 2月3日は節分。スーパーでは特設コーナーができ、いろんなお豆が売られていますが、一体なぜ豆をまくのでしょうか。なぜ大豆?どこに向かってまけばいいの?何個食べたらいいの? うーん、意外とちゃんと知らないものです。⇒【成分表】大豆(乾燥)の可食部100gあたりに含まれる栄養成分 そこで今回は、「節分と豆」について、風習の由来や食べ方などをまとめてみました。◆そもそも節分って何? 実は「節分」って、1年に4度あるってご存知でしたか?元々は、「季節の分かれ目」を意味する雑節で、四季すなわち「立春」、「立夏」、「立秋」、「立冬」の前日をさすもの。日本では「立春」が1年のはじまりとして尊ばれたため、次第に「節分=春の節分」のみをさすようになったそうです。 平安時代、季節の変わり目には「邪気」が生じやすいと考えられ、それを追い払うための悪霊ばらい行事が行われていましたが、室町時代以降は、豆をまいて邪気を追い出す行事が民間に広まったんだとか。では、なぜ「豆」なのでしょうか?◆「節分豆」で邪気を追い払う 節分に豆をまく風習は、中国から伝わったと言われています。穀物には生命力と魔除けの力が備わっているという信仰があり、特に豆は、語呂合わせの「魔目、魔滅(まめ)」に通じ、鬼の眼(魔目)にぶつけて魔を滅する(魔滅)ことから、主に「大豆」が使われるようになったんだとか。 また、豆まきには、炒った大豆すなわち「炒り豆」であることが重要。その理由は、豆まきの後、拾い忘れた豆から芽が出てしまうと縁起が悪いから。炒ることで鬼を封じ込め、まいた豆を最後は人が食べてしまうことで、鬼を退治したことになるんだそうです。また、室町時代からすでに「鬼は外、福は内」と唱えていたことが文献に残っています。 1年の健康を祈って、食べる豆の数は、自分の「歳の数」もしくは「歳の数+1(数え年)」。どちらが正解というわけではないそうですが、これから迎える1年のためにも、1個余計に食べておくのはいかがでしょうか? ちなみに、北海道、東北、信越地方などでは、炒り大豆ではなく「落花生(マメ科ラッカセイ属)」をまくんだとか。確かに、まいた豆を拾って食べるのは少々抵抗が。殻付き落花生の方が衛生的には安心なのもわかります。念のため、2つの栄養素を整理しました。◆残った炒り大豆で「糖質オフごはん」を作ろう! どちらの豆も、ビタミンB1、B2、B6等のビタミン類、カリウム、カルシウム、マグネシウム、鉄、亜鉛等のミネラル類を豊富に含んでいるので、ほどほどに楽しめば美容効果も期待できます。ただし、豆類の中でも脂質主体グループに分類され、特に落花生は約半分が脂質。食べ過ぎには注意しましょう。 残った炒り大豆の活用法ですが、「大豆ごはん」はオススメ。米2.5合に豆0.5合くらいの割合で混ぜて炊いてみてください。米に比べて炭水化物量が低く、タンパク質が豊富なため、無理のない糖質オフダイエットが実現します。 さあ、誰を鬼役にするかは別として、一年の無事を祈り、豆まきを楽しみましょう!<TEXT,PHOTO/スギ アカツキ>【スギ アカツキ】東大卒の料理研究家。在学中に基礎医学や生命科学を学ぶ。さらにオーガニックや久司マクロビオティックを学び、独自で長寿美容食の研究をはじめる。料理のモットーは「長く美しくを、簡単に」。忙しい現代女性に合わせた健康メニューが得意。ヨガ教室や人気ブログ(http://saqai.com/)も手がけている。

頚椎椎間板ヘルニア 中川式

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。