FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年の日記は楽しい

"

竹内結子、外商員の大変さを語る 斎藤工、最近の仕事は「男性版壇蜜さん」 http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150113-00000005-tvfan-ent

 フジテレビの赤と黒のゲキジョー スペシャルドラマ「上流階級~富久丸百貨店外商部~」の完成披露試写会舞台あいさつが13日、東京都内で行われ、出演者の竹内結子、斎藤工、竹中直人、桂文枝、草刈正雄が出席した。 本作は、高殿円氏の同名小説をスペシャルドラマ化。神戸の老舗一流百貨店を舞台に、アルバイトからのたたき上げで正社員になった“外商員”のアラフォー女性(竹内)が日本屈指の金持ちを相手に奮闘する姿を描く。 竹内は「外商というものを知らなかったので、こういったお仕事をしている方がいるのも初めて知りました。人に物を売るのってこんなに大変なのだと感じました」としみじみ語った。 斎藤は「私自身がバックパッカーをやっていたり、あとはいまだに2千円以上の買い物はドキドキします。こういうビジネス、人と人とのつながりがあるのだと疑似体験させていただきました」と振り返った。 さらに劇中で肉体美を披露するシーンもあり「大した体ではなく粗品なのですが。年末年始と、何回かな。男性版壇蜜さんのようなお仕事をさせていただくことが多く、職業が分からなくなってきました」と笑わせた。 また、普段の生活での“上流階級”のような体験を問われた竹内は「お仕事で移動するときにエコノミーではない席を用意してもらえたとき。あとはいいお店の個室で料理を食べるとき」と語り、笑顔を浮かべた。 斎藤は「普段がカビのような生活をしているので、衣装やメークでドレスアップさせてもらってライトの下に立っていることが非現実だと思って役者をやっています」と語った。 ドラマは16日午後9時から放送。



"

希少糖含有シロップ「レアシュガースウィート」が、日経産業新聞賞を受賞 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150113-00000085-mycomj-life

松谷化学工業はこのほど、同社が製造・販売する希少糖含有シロップ「レアシュガースウィート」が、「2014年日経優秀製品・サービス賞」における「最優秀賞 日経産業新聞賞」を受賞したことを発表した。日本経済新聞社が主催する「日経優秀製品・サービス賞」は毎年1回、公募によらず、同社が独自に候補となる製品・サービスを選定し、特に優れた新製品・新サービスを表彰している。1982年に「日経・年間優秀製品賞」として始まり、1987年(第6回)から現在の名称に変更され、今回で33回目を数える。今回、この1年間に日本経済新聞、日経産業新聞、日経MJ、日経ヴェリタス、日経新聞電子版、Nikkei Asian Reviewの各媒体に掲載された新製品・新サービス約2万点の中から「レアシュガースウィート」が「最優秀賞 日経産業新聞賞」に選出された。「レアシュガースウィート」は、トウモロコシなどのでんぷんから作られた異性化糖をさらに異性化した「プシコース」などの希少糖類13~15%含むシロップ(液糖)。既存の糖質(甘味料)を見直し、「ぶどう糖」・「果糖」・「希少糖」のそれぞれの長所を生かすようにバランスよく作られているという。甘さは砂糖の90%程度で、コクのあるスッキリした甘さが特長。液状で、砂糖と同様の甘味料用途として、料理や飲み物、菓子やパンなどに幅広く利用できる。また、卵臭の軽減、フレーバーリリースの向上、コク味付与・風味向上、減塩効果、マスキング、水分活性の調整といった特長も持っている。同商品の受賞の理由として、より幅広い世代の衣食住を豊かにする製品であることが挙げられた。また、製品に含まれる「希少糖」がさまざまな機能性を持つことから、現代人の生活改善に役立つことが期待される点や、社会に大きな変化をもたらす可能性がある点などが評価されている。<「希少糖」(レアシュガー)> 自然界に微量にしかない、希少な単糖およびその誘導体の総称として、国際希少糖学会によって定義された。量は非常に少ないが種類は多く、自然界に50種以上存在している。(フォルサ)

引越し 神戸 安い

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。